保守点検のご提案

平成29年4月より改正Fit法が施行されます

平成29年4月1日から「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律」通称「改正Fit法」が施行されました。
(新法第9条・第13条・15条には、事業開始前の審査に加え、事業実施中の点検・保守や事業終了後の設備撤去等の尊守を求め違反時の改善命令・認定取り消しを可能とする)

安心・安定した運用を行うためには、十分な知識と施工経験を持った技術者に定期的なメンテナンスを依頼することをおすすめします。

保守点検の種類

竣工点検

太陽光発電(PV)システムを稼働する前に、設置に問題がないか確かめる点検業務です。

日常点検

目視や点検測定機器を使用し、発電に支障がない状態であるかどうかを日常的に点検します。

定期点検

定められた時期に(住宅用:年に1回 産業用:年に2回)目視や検査測定機器を使って、不具合がないか確認する点検です。

災害点検

火災や落雷、地震・台風などの自然災害による太陽光発電システムの異常および不具合を早期発見するために行う点検のことです。

点検内容の詳細

点検内容例

設置しているシステムによって点検内容は違いますが、当協会(一般社団法人 太陽光発電検査協会)の認定証を持った技術者には、下記の点検を行うように指導しています。

※一例のため、パネルのサイズや住宅用・産業用などによって内容は変わります。

【目視点検】
1)モジュール表面やフレームの汚れ・キズ・破損、架台の腐食・サビ・植生の管理等
【検査機点検】(I-Vカーブトレーサ、サーモカメラ、パルス印加式テスター、電路探査等を使用)
2)検査測定機器を使用し、電流電圧のチェックや表面温度、接続不良を確認、バイパスダイオード試験など
【目視点検】
1)外箱の腐食・破損、配線ケーブルや接地線の損傷、端子の緩み等
【検査機点検】(I-Vカーブトレーサ、パルス印加式テスター等を使用)
2)ストリング毎のI-V測定、断線、インピーダンス確認、絶縁接地抵抗測定、バイパスダイオード試験
【目視点検】
1)外箱の腐食・破損、設置状況の確認、運転時の異音・異臭・振動・過熱の有無、通気確認等
【検査機点検】(絶縁抵抗計等を使用)
2)パワコン接地や投入阻止タイマーの動作確認、絶縁抵抗測定等

保守点検のご依頼について

不具合は、発電量低下を招き本来の目的を損なうことになります。
また、不具合の放置は発電量の低下だけではなく重大な事故を引き起こす恐れがあります。


異常を感じた時や設置後数年経っているのであれば保守点検やメンテナンスを依頼し、より健全な運用を目指しましょう。
なお、当協会でも保守点検のご依頼が可能です。
その場合は、当協会の技術認定ID取得者がいる会員企業をご紹介させて頂きます。