不具合事例のご紹介

太陽光発電システムはメンテナンスフリーではありません。

太陽光発電システムは電気設備であり発電所です。様々な要因によってトラブルは起きます。


こちらのページでは、主な不具合事例をご紹介します。

1. 発電量低下に繋がる不具合

人的要因

太陽光発電システムを健全に運用するためには、確実な施工が必須です。
施工時にミスがあると、下記のようなトラブルが起きる場合があります。

施工ミスによる端子台破損

端子台破損によるアーク発生、焼損の危険性あり。

ボルトの締め忘れ・弛み

部品が外れて落下する可能性があります。またパネル飛散の危険性もあり。

架台取付金具の外れ

架台損壊とパネル飛散の危険性あり。特に単管パイプは要注意。

経過要因

メンテナンスフリーと言われることもある太陽光発電ですが、経年劣化と環境の変化により様々な不具合を引き起こします。 不具合を早期発見し、発電量の低下や事故を未然に防ぎましょう。

■ パネルの不具合

モジュール・バックシートの不具合

モジュール発熱によるバックシートの焦げ。

バックシートの不具合

バックシート腐食による剥がれ。

ホットスポットによる焼損の危険性

不良箇所、影など太陽電池の発電しない部分が抵抗体となり、発熱する場合があります。


スネイルトレイルの発生

パネルのクラックが可視化したもの。パネル表面にカタツムリが這った痕のように見える現象です。

パネル汚れによる発電量の低下

汚れのみであれば、洗浄作業により発電量が回復する場合があります。

飛来物によるガラスの破損

カラスによる投石など外部飛来物によってパネルが損傷することがあります。

■ 設備の不具合

バイパスダイオードの故障

落雷影響により、バイパスダイオードのオーブン故障。

バイパスダイオードの故障

バイパスダイオード端子接合部分焼損。サーモカメラ画像で高温となっていることが分かります。

接続箱内の結線不良による焼損

ネジのゆるみによる接点不良と考えられます。


フィルタの目詰まり

フィルタが目詰まりすると内部温度が上がり、パワーコンディショナの不具合を起こします。

ケーブルの不始末

結束バンドの劣化などによる断線トラブル。

架台のサビ

架台のサビなどで腐食が進むと設計通りの強度を保持できません。

■ ケーブルの不具合

嵌合不良

施工時のコネクタ接続忘れや後の環境によるコネクタ外れが多発しています。

モジュールケーブル劣化

ケーブルの劣化は絶縁不良にも繋がり、大きなトラブルになります。

2. 環境変化による不具合

太陽光発電システムの設置時には特に問題ない環境だったとしても、大きな災害が起こった時や見逃しがちな小さな出来事から発電量の低下に繋がる場合があります。

落雷

直撃雷だけでなく、誘導雷でも影響を受けることがあります。

倒木

台風や強風などにより木が倒れ、発電やパネルに影響を及ぼす場合があります。

豪雪による雪害

雪の重さによる架台損壊、急傾斜高所からの落雪被害。


雑草

強い雑草はパネルを突き破ることもあります。また、除草作業時のケーブル切断にご注意を!

ハチの巣

ハチの巣は大きく成長するので、不具合の元となります。特に人命に関わるスズメバチの巣は駆除が必要。

鳥害

水上の発電所では鳥達が羽休めにパネルを利用するため糞の被害が大きく、洗浄作業も手間がかかります。


保守点検のご依頼について

不具合は、発電量低下を招き本来の目的を損なうことになります。
また、不具合の放置は発電量の低下だけではなく重大な事故を引き起こす恐れがあります。


異常を感じた時や設置後数年経っているのであれば保守点検やメンテナンスを依頼し、より健全な運用を目指しましょう。
なお、当協会でも保守点検のご依頼が可能です。
その場合は、当協会の技術認定ID取得者がいる会員企業をご紹介させて頂きます。

上に戻る