保守点検セミナーin静岡

皆様、こんにちは。
本日は金子が担当させていただきます。
静岡と言えば『お茶の産地』と連想されるほど、有名ですよね!
1244年、聖一国師(しょういちこくし)が宋よりお茶の種子を
持ち帰り、静岡市郊外の足久保に植えたのが始まりという
言い伝えがあります。
のちに松尾芭蕉が『駿河路や花たちばなも茶のにほい』という
句を読んだことで有名ですね。
協会の所在地があります京都もお茶では負けておりません!!
明恵上人(みょうえしょうにん)が栂野でお茶の振興をはかり、
山城・宇治・仁和寺・醍醐などに植えたのが宇治茶の始まりと
言われています。
いずれもおいしい日本茶を一口飲むと、ほっとしますよね!
DSCN9631
6月4日の保守点検セミナーは静岡市民文化会館で
開催されました。

DSCN9627

☆受講者様にごあいさつ・・・☆

DSCN9629
『メンテナンスフリー』と言われてきた太陽光発電システム
ですが、その一方で時間が経つにつれてさまざまな
問題と課題が出てきているのも現実です。
保守点検セミナーでは、実際に起きた不具合の事例を
まじえて勉強します。
保守点検の重要性を再認識された受講者様も多いのでは
ないでしょうか?
そのためにも正しいスキルを身につけ、お客様に信頼と
安心をご提供できるように協会主催の技術認定講習会も
毎月開催しております。
詳しくはここをクリック!!

本日5日は、静岡県浜松市のアクトシティ浜松で
保守点検セミナーを 開催しております。

明日6日は、保守点検セミナーを受講された方を対象に
保守点検事業の構築を目指す個別相談会を静岡県浜松市の
公益財団法人浜松市勤労福祉協会(浜松市勤労会館)で
開催します。
この機会に是非お申込していただければと思っております。
詳しくはここをクリック!!