太陽電池の種類

様々な太陽光発電

太陽電池は一般家庭に設置しやすい低コストなものから、高価格・高性能まで様々です。
現在は「シリコン系」と「化合物系」に大別されており、最も広く使われているのが、結晶系シリコンになります。


低コスト、大量生産、発電効率の向上などを目指して新しい技術が開発されていますので、これからも太陽光発電(PV)システムの進化が期待できます。

シリコン系

結晶シリコン太陽電池は最も古くからあり、現在でも主流となっている太陽電池です。
他のタイプと比べて最も発電効率が高くなります。
結晶系には単結晶と多結晶がありますが、現在では多結晶シリコン太陽電池がシェアを多く占めています。

結晶系:単結晶

薄くスライスされた単結晶のシリコンで作られます。
変換効率や信頼性は高いが、値段も高めであるため、低コスト化が課題となっています。

結晶系:多結晶

小さな結晶が集まった多結晶シリコンを利用して作られます。
単結晶より安価で製造がしやすく、現在の主流となっています。

薄膜

アモルファス(薄膜)は極薄のシリコン膜を用いたものです。 結晶シリコンの100分の1程度の厚さであるため、コストが抑えられます。


変換効率が結晶系シリコンと比べると低くなりますが、温度が上昇しても変換効率が落ちにくいという特長があります。

化合物系

シリコン以外の物質を混ぜ合わせてできる太陽電池を指します。
化合物系の太陽電池はシリコンを使用しないため、シリコンの供給に影響を受けることなく生産可能です。

CIS系

銅・インジウム・セレン等を原料とする薄膜型です。
結晶シリコンと薄膜シリコンの中間的な温度特性になります。