太陽光発電システムのメリット

人にも環境にもやさしい"太陽光発電システム"

エネルギーを電力へ変換する方法は、火力・原子力・石炭など多々ありますが、その中でもクリーンなエネルギーとして日本で最も注目を集めているのが太陽光発電システムです。


太陽光発電システムは、CO2などを排出することなく安全で枯渇しないエネルギーであるため、一般家庭でも設置したり関心を持つ方が増えています。

余剰電力を売ることで光熱費が抑えられる

太陽光発電システムを設置するメリットとして一番に上げられるが、余った電力を電気会社に売ることができる(売電)ことでしょう。


簡単な手続きをすることで、自動的に昼間の太陽が出ている時間に発電を行い、電気の売買が行います。そしてこの時の差額が収入となります。 夜間は発電できないため電気を購入する必要がありますが、電気会社によっては料金がお得になるプランも用意されています。
これらを上手く利用することで電気料金の節約が可能です。


※ 太陽光発電システムを導入することで、どれくらい売電できるかは設置場所や太陽電池モジュールの面積などによって変動しますので、検討されている(もしくはご利用している)方はそれぞれのメーカーや販売店でご確認ください。

停電や災害時にも電気が使える

多くの家電製品を同時に使用することや電気使用量が多い家電製品を使うのは難しいですが、停電や災害時にも電力を使うことができます。上限は1.5kW(1,500W)

災害時はいつもよりも不安になるもの。
いざという時にも電気が使えるというのは安心です。


※ 通常の発電と同じく日中の天候に左右されます。

様々な場所に設置できる

太陽光発電システムの設置場所は屋根・屋上、地面などが主ですが、他にも壁や電柱、車など様々な所にも利用されています。
設置場所を選ばないのも太陽光発電システムのメリットです。